予約専用ダイヤル 090-8359-2007
加圧トレーニングスタジオ ライズ OPEN 10:00-21:00  定休日  月曜日
●お問い合わせ TEL:0859-30-2434
入会案内 ご予約確認 事業内容

体操教室を活用して運動能力アップ

スポーツ選手に憧れを抱いている子供はたくさんいますが、近年では幼児の運動能力低下が問題視されています。運動能力を高めるために何かスポーツを始めたい、プロのプレイヤーになるためにできるだけ協力してあげたいとお考えの親御さんもいらっしゃると思います。こちらでは、身体能力を高めるための重要な時期や、体操教室に通うメリットについてご紹介しています。

身体能力を高めるために重要な時期

スポーツセンスを磨くことに適した9歳から12歳の間のことをゴールデンエイジと言いますが、ゴールデンエイジ前後のトレーニング時期も重要です。8歳までをプレゴールデンエイジ、13歳からをポストゴールデンエイジと言います。

プレゴールデンエイジの時期に運動することの楽しさや積極的に取り組む姿勢を学び、神経系の発達がほぼ完成するゴールデンエイジの時期に実戦的な技術を習得します。
そして、筋肉や骨格がしっかりとしてくるポストゴールデンエイジの時期には、個人としての能力を磨きます。スポーツ選手を目指す子供にとって、この時期にいかに実のあるトレーニングを行えるかが重要な鍵になるでしょう。

運動神経を高めるコーディネーショントレーニング

コーディネーショントレーニングとは、1970年代に旧東ドイツのスポーツ運動科学者によって考案されたスポーツトレーニング法です。欧米では以前からトップアスリートの養成に利用されてきましたが、今では日本の幼児から小・中学生、高齢者や障害者の運動指導にも活用されています。

コーディネーショントレーニングは、「7つの能力」に分けてとらえています。7つの能力とは、リズム能力、バランス能力、変換能力、反応能力、連結能力、定位能力、識別能力で、スポーツ時にはこれらの能力が複雑に組み合わさっています。

例えば、バスケットボールではコートでドリブルをしながら動きますが、その時パスを誰に回すか、シュートできる状況かなど、周囲を確認しながらボールをコントロールしています。プレー中のこのような場面でも、感覚器から入ってくる様々な情報を適切に処理して体の各部に伝えているのが「コーディネーション能力(運動神経)」です。

スポーツ全般の運動能力に大きく関わっているコーディネーション能力は、ダンスや音楽などにも関連しています。簡単で楽しい運動を通じて、運動能力を高めるコーディネーショントレーニングは、スポーツパフォーマンス・運動神経の向上に期待できます。

鳥取県米子市にある加圧トレーニングスタジオ ライズでは、スポーツ選手としての基礎を築くために、身体能力を整えるための情報系や神経系のトレーニングを行っています。子供の夢を応援するためにスタッフ一同全力で取り組んでいます。幼稚園や保育園での体操教室も行っていますので、料金の詳細が気になった方や質問があるという方は、お気軽にお問い合わせください。